美白化粧品人気ランキング1位は何だ?

美白化粧品人気ランキング1位は何だ?

美白化粧品人気ランキング1位は何だ?

「最近肌の調子が悪いな〜」と思ったら、まずはコスメを変えてみますよね。そして使ってみたら、「なんだかイマイチ肌に入っていかないような気がするなぁ……」というコスメも多くないですか?秋冬の乾燥対策に「しっとりタイプ」と書かれていても、実は表面に残る成分が多く使われているだけで、肌に浸透して肌の奥からしっとりさせてくれるわけではないコスメも多いそうです。

その点、今私が一番注目しているのは「ビーグレン」というコスメです。超微小カプセルにスキンケア成分を包み込む技術により、美肌成分を各層の奥まで届けることができるそうですよ。いかにも効きそうでしょう?

 

「ビーグレン」についてはホームページをご参照ください。オトナニキビセット、毛穴ケアセット、シミ・美白セット、しわ・アンチエイジングセットという4種類のお試しセットがあるのですが、使用感なども紹介されていますよ。特に美白化粧品に関しては常にランキングに入っているので、やはり効果を感じている方が多いのでしょう。美白化粧品ゼミ〜効果のあるコスメランキング弐詳しい情報が載っていてとても参考になりました。

 

ちなみに「ビーグレン」、365日間の返金保証があるので安心です。
返金保証があるところは少なくないですが、365日ってすごいですよね。肌に続けて使ってみて効果が無いと思ったら返金ができるわけです。ターンオーバーは28日程度なので、まずはターンオーバー1周分は最低でも使ってみてから判断したいところですので、嬉しいですね。

 

紫外線ダメージのメカニズムを知ろう

 

紫外線にはA波・B波・C波があり、このうち地表に届いて私たちの肌にダメージを与え続けているのはA波とB波です。
C波は実は最も有害なのですが、オゾン層がC波をシャットアウトするので、C波が地上に届くことはありません。

 

A波は、表皮のバリアを超えて、肌の奥の真皮にまで届きます。真皮層は肌のハリを保つコラーゲンがあり、また表皮の細胞を作るところです。真皮層の状態が良ければ状態の良い細胞が産生されますし、肌のハリも保たれて、見た目にも透明感のある健やかな肌になります。しかしA波によって真皮層にダメージが加わると、コラーゲンが破壊され、細胞の状態が悪くなります。こうなると肌のハリが失われ、ターンオーバーが正常に進まなくなります。

 

細胞のできるサイクルが遅れるだけではなく、あまり状態の良くない細胞に置き換わってしまうので、ハリが失われ、肌質が悪くなってしまうという結果をもたらします。また、肌表面の細胞がなかなかはがれないので、くすんだ印象の肌になってしまいます。

 

B波は、表皮にある色素細胞にダメージを与えてメラニン色素を作らせます。色素細胞がメラニン色素を作ることは正常な防御反応ですが、ここで同時にA波があたることによってメラニン色素が変化し、沈着してしまうことがあるのです。これが紫外線にあたるとシミができる原因なのです。何よりも怖いのは、紫外線が細胞のDNAを損傷し、皮膚がんの原因となってしまうこともごくまれにですがあることです。普段から気をつけて、なるべく紫外線にあたらないよう気をつけましょう。努力しても肌のダメージが気になるときは、エイジングケア専用化粧品でケアしましょう。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ